IWSCシルバー&ブロンズ受賞のお知らせ

ロンドンで行われたIWSC2020に初挑戦し、「GLOW2020」がシルバー、「白若潮」と「千亀女Jo」がブロンズを受賞しました。

<IWSC結果>
GLOW2020:シルバー受賞(91ポイント)
白若潮:ブロンズ受賞(88ポイント)
千亀女Jo:ブロンズ受賞(89ポイント)

<IWSC出品の経緯>
国際的な酒類コンペティションの中でも、50年以上の歴史があり、世界最高峰の舞台とされるIWSC(インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション)に初めて出品しました。
コロナ渦で開催が不安でしたが、「こんな状況だからこそ世界各地のメーカーを支援するために開催する」との意向で、1メーカーとして心強く、歴史あるコンペティションの意義を感じました。
焼酎メーカーとして「Shochuを世界のスピリッツにしたい」という思いがあり、志布志から世界に向けて、自分たちができることに挑戦していきたいと思っています。

 

<出品酒紹介>

【GLOW2020】

毎年新しい製法にチャレンジしているGLOW。GLOW2020は香りも特徴的ですが、ストレートでのなめらかな飲み口が海外でも評価されたのではないかと思います。

IWSCコメント:緑の柑橘系の果物のさわやかな酸味。お菓子のような甘さ。 ナッツの風味。白コショウの香りが持続しつつクリーミーさを感じる個性的なフィニッシュ。

【白若潮】

日常酒としての芋焼酎の中で、すっきりとした甘みのある白若潮。海外での評価も参考にしながら、究極の日常酒を目指して、酒質を追求していきたいと思います。

IWSCコメント:米の香り。わずかなナッツのような味わい。辛口のフィニッシュ。

【千亀女Jo -試作版-】

IWSCへの出品が開発のヒントになるのではないかと、千亀女シリーズの試作品を出品しました。黒麹&木樽蒸留を海外の方にも感じてもらえる芋焼酎を目指して発売予定です。

IWSCコメント:秋の果物。暖かく豊かで暗く心地よい香り。非常にスパイシーな後味。

【424GIN】

ジン部門に424GINを出品しましたが、今回残念ながら賞を受賞することはできませんでした。

4種類の芋焼酎の香りを活かし、木樽蒸留器で造るジンとしての個性を活かし、唯一無二のジンとして、海外でも評価されることを目指して、技術を磨いていきたいと思います。