主要3商品に「環境配慮型パッケージ」導入のお知らせ

この度、焼酎パックの主要3商品について「環境配慮型パッケージ EP-PAK・GL」を導入します。新パッケージを導入する商品は「さつま白若潮1.8Lパック」「さつま黒若潮1.8Lパック」「さつま黒若潮0.9Lパック」の3商品です。既に0.9Lパックについては、2022年10月出荷分から先行してパッケージを変更しており、1.8Lパック2商品についても2023年1月から順次パッケージを変更していきます。

従来の焼酎パックは、内側にアルミ層が貼り合わされているためリサイクルが困難で、若潮酒造の地元である志布志市と大崎町では埋立処理が行われてきました。凸版印刷株式会社が独自に開発した「環境配慮型パッケージ EP-PAK・GL」は、GLフィルムという単一素材かつ高いバリア性を有したフィルムを活用することで、アルミフィルム蒸着と同様の性能を維持しつつ、従来はリサイクルができていなかった焼酎パックが紙資源としてリサイクル可能になります。

大崎町と志布志市では長年取り組んできたゴミの分別とリサイクルにより、リサイクル率80%以上を達成しており、全国的にも注目を集めています。2021年に発足した大崎町SDGs推進協議会では、これまで実施されてきた住民によるゴミの分別だけではなく、その上流にあたる商品の製造者に対してゴミの低減やリサイクル率の向上を促す取組みを検討していました。若潮酒造は、このような取組みに賛同し、官能評価や設備対応を実施し、環境配慮型パッケージの導入に至りました。

環境配慮型パッケージ EP-PAK・GLを導入する商品
・さつま白若潮1.8Lパック:2023年1月出荷分より順次変更
・さつま黒若潮1.8Lパック:2023年1月出荷分より順次変更
・さつま黒若潮0.9Lパック:2022年10月出荷分より順次変更

Translate »