社長挨拶

1968年8月に地元の蔵元5社で若潮酒造協業組合としてスタートして、
40年目の2008年に若潮酒造株式会社に組織変更をし、
2018年で50周年を迎える蔵元となりました。
令和の幕開けの年に51年目を踏み出す今、100年目に向けて次の時代へと
進化し続ける蔵元でありたいと思っています。
焼酎文化の伝統を継承する「千刻蔵」と、究極の日常酒を醸す「志燦蔵」の二つの蔵を持ち、
伝統を守りつつ、チャレンジも忘れずに焼酎造りに真摯に取り組んで行く所存です。

若潮酒造の歩み

昭和43年

・「若潮酒造協業組合」として操業開始。内田酒造、下戸酒造、東條酒造、稲付醸造、上村醸造の5社が協業。
・製造数量600kLにて製造開始する。

昭和53年

・製造設備を増設し、製造能力3,000kLとなる。

昭和54年

・鹿児島県本格焼酎鑑評会にて優等賞代表受賞。

平成15年

・かめ壺仕込み、木樽蒸留器を取り入れた志布志木樽蒸留所『千刻蔵』の完成。
・『千亀女』の仕込み開始。

平成16年

・製造棟を新設。製造能力9,000kLとなる。

平成17年

・長期貯蔵酒保管庫「千刻蔵トンネル貯蔵庫」が完成。
・「蔵元直売所」を新設。
・リキュール期限付免許を取得。

平成20年

・協業組合を解散し「若潮酒造株式会社」となる。

平成21年

・『さつま黒若潮』が鹿児島県本格焼酎鑑評会にて総裁賞代表受賞。
・『さつま黒若潮』が同年の熊本国税局酒類鑑評会においても優等賞代表受賞。

平成29年

・貯蔵棟を新設し、新旧製造棟と合わせて、志布志蒸留所『志燦蔵』と命名。
・創業50周年を迎えるにあたり『さつま若潮』を『さつま白若潮』にリニューアル。

社名

若潮酒造株式会社

所在地

〒899-7104 鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地

代表者

上村 雅彦

設立年月

昭和43年8月

事業内容

焼酎乙類製造業及び営業販売

資本金

4,800万円

従業員数

35名

敷地面積

23,420㎡