ご挨拶

1968年に地元の蔵元5社で若潮酒造が設立され、2021年8月に54年目を迎えることができました。

昨年より続くコロナ禍で、アルコール業界はかつてない大変苦しい状況を強いられております。その中でも、大きな影響を受けている全国の飲食店の皆様に対して、何か寄り添うことができないかと、私たちができる取り組みを模索し、対策を立ててきました。まだまだ苦しい状況は続くと思いますが、どんな状況でも「近くに寄り添い、共に進むことのできる」蔵元でいたいと思います。

ここ数年、「世界品質を目指した酒造り」をコンセプトに、ロンドンの酒類コンテストであるIWSCへの出品や、芋焼酎ベースのスピリッツの開発等、世界に焼酎を広めるために、私たちができる取り組みを考え、行っております。また、SDGsへの取り組みとして地元のいちご農家さんとのパートナーシップで新しい商品の開発にもチャレンジしました。こうした新しい取り組みが、焼酎の更なる品質アップにも繋がっていくと考えております。

ぜひ、若潮酒造の焼酎を手に取り、楽しんで頂けると幸いです。 これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

2021年8月1日
若潮酒造株式会社
代表取締役社長 上村 雅彦

若潮酒造の歩み

昭和43年

・「若潮酒造協業組合」設立。内田酒造、下戸酒造、東條酒造、稲付醸造、上村醸造の5社が協業。
・現在の「志燦蔵(しさんぐら)」にて『さつま若潮』の製造開始。「若潮(わかしお)」は公募により命名。

昭和54年

・鹿児島県本格焼酎鑑評会にて優等賞代表を初受賞。

平成元年

・伝統の木樽蒸留、かめ壷仕込みを復刻し『千亀女(せんがめじょ)』を発売。

平成15年

・手造り蔵「千刻蔵(せんごくくら)」の完成。

平成17年

・長期貯蔵酒用「千刻蔵トンネル貯蔵庫」が完成。
・「蔵元直売所」を新設。

平成20年

・協業組合を改め「若潮酒造株式会社」となる。

平成21年

・鹿児島県本格焼酎鑑評会、熊本国税局酒類鑑評会にてW代表受賞。

平成29年

・設立50周年を迎え『さつま若潮』を『さつま白若潮』にリニューアル。
・焼酎の楽しさを伝えるをコンセプトに「Playful Line」を立ち上げる。

令和元年

・スピリッツ製造免許を取得し、木樽蒸留製ジャパニーズスピリッツ『424GIN』を発売。

令和2年

・COVID-19の流行に伴う消毒用アルコールの不足に対応するため、高濃度スピリッツ『WAKASHIO 77&65 SPIRITS+』を製造。
・IWSC(インターナショナル ワイン&スピリッツ コンペティション)に初出品。『GLOW2020』がシルバー、『白若潮』がブロンズ受賞。

令和3年

・鹿児島県本格焼酎鑑評会にて総裁賞受賞。『さつま黒若潮』が最高点獲得。
・熊本国税局酒類鑑評会にて『さつま白若潮』『さつま黒若潮』が優等賞W受賞。
・IWSC(インターナショナルワイン&スピリッツコンペティション)にて『千亀女 紫芋仕込み』が金賞初受賞。

社名

若潮酒造株式会社

所在地

〒899-7104 鹿児島県志布志市志布志町安楽215番地

代表者

上村 雅彦

設立年月

昭和43年8月

事業内容

単式蒸留しょうちゅう、スピリッツ、リキュールの製造及び販売

資本金

4,800万円

従業員数

35名

敷地面積

23,420㎡

Translate »